8つの条件

8つの条件

免責不許可事由という意味は自己破産手続きの申立人を対象として次のような条件に該当するときは免除を受け付けませんとする原則を挙げたものです。

 

端的に言えば支払いをすることが全く行き詰った方でも、そのリストにあたるならお金の帳消しが却下されるようなことがあるという意味になります。

 

だから破産申告を出して債務の免除を是が非でも得たい方にとっては最も重要な難題がつまるところの「免責不許可事由」ということになるのです。

 

下記はメインとなる条件となります。

 

※浪費やギャンブルなどで著しく資本を乱費したり巨額の債務を負ったとき。

 

※破産財団となる相続財産を隠したり意図的に破壊したり、貸方に損害が出るように売り払ったとき。

 

※破産財団の負担額を偽って多くした場合。

 

※破産宣告の原因があるのにそれら貸方に特別となるメリットを付与する目的で担保となるものを受け渡したり弁済期の前に借入金を支払ったとき。

 

※ある時点で弁済できない状況にあるのに現状を偽り債権を持つものを信じ込ませてさらなるローンを続けたり、カードにて換金可能なものを購入したとき。

 

※虚偽の貸し手の名簿を裁判に出したとき。

 

※免責の手続きから過去7年以内に免除を受けていたとき。

 

※破産法の定める破産申請者に義務付けられた内容に反した場合。

 

これらの8つの条件にあてはまらないことが要件なのですがこの8項目だけを見て実際的な実例を想像するには、多くの知識がない場合困難でしょう。

 

それに加え、厄介なことに浪費やギャンブル「など」と記載していることからも分かると思いますがギャンブルは具体例の中のひとつというはなしで他にも言及されていない内容がたくさんあるのです。

 

具体例として挙げられていない場合は、個別のパターンを定めていくときりがなく具体例を言及しきれない場合や昔に出されてきた実際の判決に基づく判断が含まれるので、各事例が当たるかは法的な知識がない方には一朝一夕には見極めが難しいことの方が多いです。

http://imohir.meblog.biz/

くわえて、まさか自分がこの事由に当たっているものとは思ってもみなかった場合でも免責不許可という判決をいったん下されたら判決が取り消されることはなく、負債が残るばかりか破産者であるゆえの立場を7年ものあいだ背負うことになるわけです。

 

だから、悪夢を防ぐために破産申告を検討しているステップで不安に思う点や分からない点があれば、どうぞ破産専門の弁護士に連絡を取ってみてもらいたいです。

 



関連記事

  1. 引越し後の美意識変化
  2. 悪いことばかりではない
  3. 鍛えられるほどに毛穴は元気になる
  4. 後悔した日焼けをリペア
  5. ちょっとした上下動
  6. 不明瞭な勘
  7. 8つの条件