不明瞭な勘

不明瞭な勘

現実にパソコンの前に座っていつも上下動している為替相場を見ると直ちに注文をするという衝動に煽られる場面も多かったりします。

でも、不明瞭な勘で売り買いをするのは絶対に避けてほしい。

 

確かに、外国為替相場は1日中どこかの市場は関いているし、市場もいかなる時でも動いています。

http://ryosakata.meblog.biz/

そうであっても、何回も売り買いを繰り返しているとその分だけ損をする危険が上がってしまいます。

 

当然、注文の回数を経験することによって少しずつ勝ち負けの可能性が50%、50%になります。

 

けれどもそれは「なんとなく感覚で注文」とは話が違います。

 

エントリー回数を積むというのは自ら「ここがチャンス」と考える感覚を持った状況での取引回数を重ねるという意味である。

 

ただ何となく、エントリーを繰り返すのとは全く異なります。

 

外国為替市場の勝負に勝つためには主体的に緩急をつけることが大切です。

 

「ここは!」と考えた外国為替市場の時には、いっそのこと所有ポジションを多くして、積極的に利益を追求します。

 

「悩ましいマーケットでどうなるか考え付かないな」と思ったならば執着しないで持っているポジションをひとつ残らず見切りをつけて何もしません。

 

このくらいのけじめをつけた方が結果的に売り買いは勝てます。

 

マーケットの格言には「休むも相場」というものがあります。

 

本当に言葉どおりだと思います。

 

取引とは休みなくポジションを持つことが重要ではなく、どのポジションも所持せずじっと待っている事も時には、相場です。

 

では、どういった時に、休めばいいのでしょうか。

 

第1に言われるのが前述したように、現在の為替相場が具体的に良く見えない時です。

 

そこから高くなるのか安くなるのか見通せない時は、何も考えず行動すると、自分の考えた筋書きとは異なった方向に相場が向ってしまい損する事になってしまいます。

 

だから、こんな場面ではポジションを無くしてそのまま何もしないで見ているだけが良い方法です。

 

次に、自身の体調がすぐれない時です。

 

健康状態と市場に関係しないと思う方もいるでしょうが現実には意外と影響を与えます。

 

体の調子が思わしくなければ外国為替相場の大少な場面で必要な決断を下すことが出来ない場合が多くなります。

 

関心がわかない時は市場から離れてみるのも大切な事です。

 



関連記事

  1. 引越し後の美意識変化
  2. 悪いことばかりではない
  3. 鍛えられるほどに毛穴は元気になる
  4. 後悔した日焼けをリペア
  5. ちょっとした上下動
  6. 不明瞭な勘
  7. 8つの条件