ちょっとした上下動

ちょっとした上下動

初めて取引する時という場面では何よりも準備を手抜きしてはいけません。

取引を始める前であるならば、場面を論理的に見ることができる余地があります。

 

しかしながら、一回売買の中に深入りするとどう試みても考え方が独りよがりになってしまいがちで、状況によっては適切な考え方が出来なくなる。

 

可能性があります。

それゆえに自身のメンタルが合理的な状況で、間違いない準備する事が不可欠です。

 

この"j事前準備"のためには、まずは自分の台本を描くことからスタートする。

未来の市場はこうなってああなるからこの通貨を取引するみたいに、自分だけのストーリー展開を考えていきます。

 

次に大事なのはローソク足チャートをチェックする事です。

 

過去の為替相場の上げ下げを確認して現時点の価格を確認します。

 

そうすると、「今日はだいぶ高いレベルだ」あるいは「今となっては大勢の勝負しているこの先自分か売り(または買い)してももうやりようがない」ということが見えてくる

 

今さら売買するのが手遅れだなと感じたならばその状況では諦めることが大切です。

どうあがいてもあなたなりの筋書きを妥協しないで無理やり取引すると外国為替市場にやられてしまい逆に損をすることになる可能性があります。

 

ただ大体のケースで、準備が出来ている脚本を思い描いているとすれば買い(または売り)がやりようがないという具合にはならないだろう。

おそらく、現実に外国為替市場が変化する前の状況のはずです。

更に、とりあえずは自身がエントリーしようと検討しているポジションの上下動をきちんと確かめる事が重要です。

 

例えばドル高になるはずだというシナリオを書いたのであれば該当する通貨の推移に注目する必要があります。

相場の変動を注目し始めた状況では該当の外貨は目立って上げ下げする兆候を見せないで、上下にちょっとした上下動を繰り返しているだけでしょう。

 

でも、その推移を正確に気をつけていると、ある場面で円安の方向へと外国為替市場が変動し始めます。

 

この場面でようやくドルのトレードします。

おおむね、準偏をやっておけばその売買で利益を上げる可能性は相当高まるはずだ。

 



関連記事

  1. 引越し後の美意識変化
  2. 悪いことばかりではない
  3. 鍛えられるほどに毛穴は元気になる
  4. 後悔した日焼けをリペア
  5. ちょっとした上下動
  6. 不明瞭な勘
  7. 8つの条件