悩んだら

悩んだら

現実にパソコンの画面の前に座り止まることなく変化している市場を見てしまうと、何やら取引をするという抑えようのない気持ちに煽られる方も少なくありません。

しかしながら、なんとなく思いで売り買いをするのは、間違ってもしてはいけません知っての通り、外国為替市場は1日中常にどこかの国で市場はやっているし、マーケットも常に動いています。

 

そうであっても、頻繁に注文をしていると、それだけで損をする率が上がってしまいます。

 

当然の事ながら、トレードの数を経験することによって利益を上げられる確率か50%、50%に近づくのは事実です。

 

でもその事実は「なんとなく直感で売り買い」とは別の問題です。

 

注文回数を重ねるというのは、自ずから「ここは勝てる」と思える時機を得たうえでの売買回数を積むという意味である。

 

特段の理由も無く、売り買いをするのとは明らかに違います。

 

外国為替相場の駆け引きに敗北しないためには自ら考えてメリハリをつけることこそが不可欠です。

 

「ここがチャンス」と思った外国為替市場の時には思い切って保持ポジションを多くして積極的に儲けを狙います。

 

「何となく分からない為替相場で、どう推移するのか読めないな」と思ったならば、諦めて所持ポジションをすべて諦めて何もしません。

 

それくらいのメリハリをつける方が、結果的に取引はうまくいくものだ。

 

為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

文字通り言葉どおりだと感じます。

 

相場とは何も常にポジションを持っていることが重要ではなくポジションを所持せずじっと見ていることも事態によっては相場です。

 

では、いつ休めばいいのでしょうか。

 

最初に言われるのが前に述べたように、これから先の外国為替市場がはっきりと良く見えない時です。

 

今後上がるのか下がるのか判断できない時は間違って判断すると、思い描いたシナリオとは逆の方向に相場が変化してしまい損失を被る事になります。

 

だから、こういった状況ではポジションを整理して、何もせずに静観しているのが唯一出来る事です。

http://ameblo.jp/iaefehu87fe/

第2に、自分のコンディションがすぐれない時。

 

コンディションと外国為替市場に何の影響も与えないと考える人もいるでしょうが実はかなりつながりがあります。

 

体の具合がよくなければ外国為替相場の失敗できない局面で、必要な決定をする事が出来ない場合が多くなります。

 

気乗りがしない時は、マーケットから離れてみるのも大事なことだ。